「バナナがすきでね~」
「へぇ~、いつも召し上がっていたんですか?」
「そう、シロップかけてね~」
「えっ、バナナにシロップですか!?」

これは葬儀打ち合わせ時の、
ご家族とコーディネーターのちょっとした会話です。

葬儀の日、ご家族は悲しみにくれる暇もなく
次々と葬儀の準備を整えていかなければなりません。
ご親族への対応、おまいりに来られた方へのご挨拶など…。

そうこうしているうちに、葬儀も終わり、まもなく出棺の時間。
「お父さん今までありがとう、これからはゆっくり休んでね」
お柩にお花を入れ終わった時、
コーディネーターがご家族のところに折詰を持ってきました。

「お父様がお好きだったバナナです。」
「お父様がいつもしていらしたように、バナナをバターでソテーして、
最後にメープルシロップをかけています。
よろしければどうぞ持たせて差し上げてください。」

こんがりと焼き目の入った甘い香りのバナナを、
ご家族はお父様のご柩に入れられました。
「お父さん、良かったね。ずーっと食べたいって言いよったもんね。」
ご家族はお父様に手を合わせ、出棺していかれました。