メモリアルコーナーに飾るために
ご家族が持って来られたものはオルゴールでした。

故人様が70年くらい前、戦争に行かれるお兄様に差し上げたものだそうです。
お兄様は戦争で亡くなられたのですが、このオルゴールだけ数十年後に発見され、
故人様のもとへ帰ってきたのだそうです。
それ以来、お兄様の形見としてたまにネジを回しては音色を楽しみながら、
ずっと大切に持っておられたそうです。

このエピソードを書いたものと一緒に、
ロビーのメモリアルコーナーに展示しました。

ご葬儀の最後、お柩にお花を入れてお別れをする時、
バックミュージックが消えてオルゴールの音色が…。
故人様が最後に聴きたかった音色は、
きっとこのオルゴールの音色ではないだろうか、
そう考えたコーディネーターが故人様のお耳元で
オルゴールの音色を聴かせてさしあげました。
オルゴールの音色はマイクを通して館内のスピーカーにも流れました。

それを聴いた故人のご長男が、マイクを使っておっしゃいました。
「これは母が兄の形見として大事に持っていたオルゴールです。
母は自分の部屋でいつもこの音色を聴いていました。
最後に聴けて、母もきっと喜んでいるだろうと思います。」

故人様はこのあたたかい音色の中、ご出棺していかれました。