24時間、365日対応 0120-56-3100 資料請求・ご相談 見学予約

企業情報

福岡の地に誕生し、約120年。渕上百貨店、ユニードと形を変え、
今は彩苑として、これまでもこれからもお客様に寄り添い地域に貢献してまいります。

彩苑TOP 企業情報
プランへ プランへ プランへ

会社概要

会社名 株式会社 彩苑
本社所在地 〒813-0036
福岡県福岡市東区
若宮4-1-30
資本金 4,000万円
創業 1895年
設立 1985年
取引銀行 福岡銀行他
役員
  • 代表取締役会長  
    渕上 徹彦

  • 代表取締役社長  
    渕上 泰弘

  • 取締役      
    木下 浩祐 渕上 芳亘
  • 渕上 芳亘
従業員数 87名
(パート社員含む)
売上高 8億(2019年2月期)
事業内容
葬祭業
一般的なお葬式は、宗教儀式と送る(感謝を伝える)儀式で成り立っています。彩苑はこれらの儀式に「ご本人からの“ありがとう”を伝える儀式」を加え、ご本人のために集まってくれた最期のパーティーと位置づけたお葬式を提案しています。
事業所
  • フューネラル
    ハウス彩苑
  • 若宮斎場/福岡県福岡市東区若宮4-1-30
  • 松崎斎場/福岡県福岡市東区松崎1-8-13
  • 青葉南斎場/福岡県福岡市東区土井4-2-8
  • 笹丘斎場/福岡県福岡市中央区笹丘1-36-5
  • 次郎丸斎場/福岡県福岡市早良区次郎丸4-1-50
  • 長住斎場/福岡県福岡市南区長住1-1-41
  • 福岡みなみ斎場/福岡県春日市須玖北9-19-1
  • フラワー事業部
関連リンク 株式会社
渕上ファインズ


株式会社
渕上コミュニティ

沿革

  1. 1895

    初代渕上久三郎
    呉服雑貨の渕上商店を創業
    日清戦争の頃、明治28年に当時の普段着である呉服を主とする雑貨店を創業した。
  2. 1947

    戦後混乱期
    渕上呉服店を再興した。
  3. 1953

    戦後復興期
    百貨店事業スタート、称号を「渕上」百貨店とした。「まだまだものがない時代」に対応する百貨店を開業した。
  4. 1958

    経済拡大期スーパーマーケットのチェーン展開を開始、ものがある程度満たされた時代にもっと安く買いたいという消費者のニーズに応えた。

  5. 1978

    商号を「ユニード」に変え関西にも進出 昭和53年に福岡証券取引所に上場し、翌年大阪証券取引所2部に上場した。年商1,100億円の企業となった。呉服部門、貸衣裳部門を㈱ゆう苑に譲渡。

  6. 1981

    九州ダイエーと対等合併

  7. 1985

    福岡冠婚葬祭互助会を買収 ㈱ゆう苑ファミリーとして葬儀業をスタートする。

  8. 1993

    彩苑若宮斎場オープン

  9. 1994

    ㈱ゆう苑は天神西通りに
    ブライダル店舗「JUNO」を出店

  10. 1995

    ㈱ゆう苑は天神西通りにシーホーク店をオープン

  11. 2001

    松崎斎場オープン

  12. 2004

    青葉南斎場オープン
    ㈱ゆう苑は㈱渕上ファインズに
    社名変更

  13. 2005

    ゆう苑ファミリーを
    ㈱渕上コミュニティに社名変更

  14. 2006

    笹丘斎場オープン

  15. 2010

    天神西通りにJUNO天神本店リニューアルオープン

  16. 2011

    次郎丸斎場オープン

  17. 2012

    長住斎場オープン

  18. 2013

    事業部名として「Dress the Life」を
    使用開始

  19. 2015

    銀座店オープン

  20. 2017

    福岡みなみ斎場オープン

ごあいさつ

ご本人とご家族を「感謝」の想いで結びつける空間と時間————私たちは葬儀を人生最高のおもてなしの舞台だと考えています。だからこそ「ご本人からの“ありがとう”が最大限に伝えられる施設づくり」「ご家族が感謝の想いを表現できる空間づくり」を目指してきました。

一方で近年、葬儀は簡略化、簡素化される傾向が強まっています。とりわけ2000年以降には「直葬」や「家族葬」など、ごく少人数で執り行うシンプルな葬儀が好まれるようになりました。これはご本人の「家族に迷惑をかけたくない」「できるだけ負担を軽くしたい」という想いが一番の理由でしょう。「終活」という言葉が広く知られるようになったのもこの頃です。

しかしながら、簡素な葬儀がご家族の望む形ではないかもしれませんし、実はご本人の安心や納得につながらないケースも少なからずあります。また、普段馴染みのない葬儀のことを考えたり、一人で身辺整理をしたりするのは簡単ではありません。

「このままではいけない」

私たちは「葬儀の本質とはいったい何なのか」と、世界中の葬儀を調査、分析しました。その結果はっきりしたのは、ごく一部の例外を除いて、どの地域でも「居住空間に近い場所で弔いの儀式が執り行われている」という事実でした。このことから、一つの理想形として「自宅」が想定されました。

これが一軒家形式の斎場を使った「邸宅葬」を採用した理由です。まるで自宅のような環境の中で葬送を行うことが、送る側にとっても送られる側にとっても、いちばんの安心でしょうし、両者の心がつながる場としても最適だと考えたのです。

斎場、客室、お料理、祭壇、生花。そのすべてにご本人の「想い」が込められています。その想いに寄り添いながら、同時にご本人に対するご家族の感謝の気持ちを十分に表現できるようにお手伝いすること。私たちはその先に、やさしさや思いやりに満ちた、皆様方の幸せな人生があるのではないか、と考えております。

また、葬儀の流れや費用の不安を解消していただくために、オプション料金設定や互助会制度の透明化・明瞭化にも努めています。たくさんの選択肢のなかから、「ご本人らしい」と言っていただけるような葬儀づくりをお手伝いさせていただければ幸いです。ぜひ一度、施設にお運びいただきますよう、お願い申しあげます。

株式会社 彩苑
代表取締役社長 渕上泰弘

〈 お気軽にご相談ください 〉
お気軽にご相談ください

  1. 24時間
  2. 365日対応
  3. 通話無料
0120-56-3100
資料請求・ご相談

INSTAGRAM

COPYRIGHT (C) 2017 SAIEN CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.