新着情報

葬儀知識~浄土宗編~

  • 2020/03/16
  • 新着情報

こんにちは!

彩苑若宮斎場です!

 

今回は浄土宗のご焼香のお作法についてご紹介します

 

浄土宗のご焼香の回数は一回から三回とされています。

特別決まってはいません。

 

一回であれば

一心に仏様や故人様へ自分のまごころを伝える

 

三回であれば

仏・法・僧の三宝に供養する

などの意味が込められているとされます。

 

仏法僧とは、仏教における三つの宝のことです。

三宝に帰依すること、つまり、三宝を自らの拠り所とし信じ敬うことが

仏教徒にとってとても大切なこととされています。

 

仏はお釈迦さまや阿弥陀さまなどの仏さまを指し、

法は仏さまの説かれた教えを、

僧は仏さまを敬い、その教えに従う人々のことを指すとされています。

 

さて、浄土宗の焼香のお作法をご紹介いたしましたが、

一回から三回、どの回数でもお気持ちをこめてご焼香いただければ問題ありません^^

 

また、他の宗派の方のお通夜ご葬儀にご参列された際も、

ご自分の宗派に合わせてご焼香していただいて大丈夫です

 

なにかご不明なことがありましたら、気軽にスタッフにお尋ねください

 

今後も葬儀の豆知識や、お作法についてご紹介していきます^^

 

一覧へ

互助会に関するお問い合わせ
又は体験会の申し込みはこちらから

体験会も随時実施しておりますお気軽にご参加ください。

お問い合わせ、体験会の申し込み

渕上コミュニティの会社概要等に関する文書は渕上コミュニティ福岡営業所に備え付けております

彩苑